初めてコーヒーを飲んだ感想です。

Posted on by 0 comment

コーヒーを始めて口に入れられたのは大学生になってからですが、それ以前に入れていたかもしれませんが、私には記憶がありませんでした。今はコーヒーを飲まなくてはいけない意識は働いています。まだまだ需要があるからこそ、しっかりとアピールする役割を持っています。コーヒーは苦いですが、我慢すれば飲む事は出来ますが、最初の頃は苦々しく飲んでいた事を思い出しました。やはり私には口に合わない、若いから結構ネガティブに考えがちでした。コーヒーは悪くありませんが、最初の頃はブラックだったので、飲む事に四苦八苦していましたが、今は大丈夫になりました。コーヒーを維持するのはありますが、コーヒーというブランドはこれからも広まっていくのだろうと実感しています。

今はまだ様子を見ている段階です。コーヒーで生活する人は沢山いますし、お茶よりもコーヒーを飲むシーンがテレビドラマだったり、映画でも展開されています。コーヒーというブランド力の強さだと実感しています。コーヒーは欲しいですし、飲み熟すにつれて好きになっています。やはり慣れなのだと分かりました。初めてのコーヒーは苦いという言葉以外見つかりませんでした。ですが、今になってはいい経験だったと思っています。コーヒーはブラジル産だから、ブラジルに行くと飲まれている人は多いのだと思っています。日本人も愛飲しているのは宣伝にもなります。世界的に必要な飲料である事は誰の目に見ても明らかです。私自身もコーヒーが大好きです。今、お茶よりも飲んでいる気がします。

私自身はこれからもお茶以上にコーヒーを飲み続けます。目的は分かりませんでしたが、コーヒーの良さを広めていくのも役目だと実感しています。私はコーヒーが一番の飲み物が学生時代には想像もつかなかったくらい、口にしていませんでした。何故なんだろう?大人の飲料だったというくらいで、子供は飲まない方がいいと勝手に妄想を抱いていました。今になっては飲まなかった事に後悔しています。コーヒーが大好きで、コーヒー愛好家の会合に加わりたいくらいです。それくらい魅力が詰まっています。初めてならば、そんな言葉が見つかるはずもありませんでした。苦い、それ以外なかったのですが、今思えば失礼だったと後悔しています。コーヒーは多少苦くても今は一気に飲む事も出来ます。最初ならば、止まっていますし、諦めていた事でしょう。今ならば、何倍もおかわり出来ます。コーヒーは永久に不滅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です