私がコーヒーを好きになったのは

Posted on by 0 comment

私がコーヒーを好きになったのはいつごろからだったでしょうか?思い出してみればお酒と一緒で幼い頃はコーヒーなどというものには全く興味がありませんでした。子どもであれば誰しもがそうであるように、あんな苦くて黒くて可愛げのない飲み物など幼い子どもには毒々しく映るだけであり、好んで飲むものではありませんでした。20歳くらいまでそうでしたでしょうか。私は元来無類のお茶好きであり、幼少期は麦茶、思春期は烏龍茶で育ちましたし、今でもハーブティや紅茶はよく飲みます。そんな私ですが今現在、コーヒーを飲んでおります。昨日も飲みました。一昨日も飲みました。なぜこんなにもコーヒーを飲むようになったのでしょう?

子どもから大人へ変わったと思える最大の通過点はお酒が飲めるか飲めないか、と感じる人が多いと思います。私はコーヒーもそうだと思います。アルコールは入っていないので20歳未満の人でも飲むことはできるのですが、それを美味しく感じるかどうかだと思うのです。お酒もそうではないでしょうか。お酒も美味しく感じられた瞬間というのは大人になったなあと思うものです。同じくして、コーヒーを飲んだ瞬間、美味しいと感じることができるようになれば大人になったのだと私は感じます。要するに、大人の舌になったということなのでしょう。苦味というものは本来であれば毒と察しなければいけないもの。察して排除しなければ命にかかわりますよ、というのが苦味の役目。それを危険と感じなくなるのは身体が大人になり、多少の苦味では毒になりませんよ、と身体が思っているからなのです。

ところで私はいつから大人に、大人の舌になったのでしょうか…。思い起こしてみれば20歳を過ぎたくらいのころでしょうか。職場はレストランだったので当然食後のコーヒーを出すためにコーヒーメーカーがありました。朝出勤して仕込みの準備をしていると、フロア担当の方が全員にコーヒーを入れてくれたのでした。当然豆なんかにもこだわっていたのですごくおいしいコーヒーだったのです。そんなおいしいコーヒーを毎日飲んでいたらコーヒーにやみつきになってしまったというわけなんですね。あと最近の話ですが更にコーヒー通になりまして、コーヒーの中でも好みがはっきりとしてくるようになりました。もちろんインスタントよりもドリップ、出来れば豆を買ってその場でひければベストです。ちなみに私は酸味の少ないものが好みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です